新人キャバ嬢はヘルプから!事前に知っておきたいルールと注意点

新人キャバ嬢の仕事はヘルプ席メイン

キャバ嬢になりたての女性は、ヘルプと呼ばれる役割からのスタートとなります。

ヘルプは、お客様が指名したキャストのサポート役です。

1人のキャストが相手にできるお客様は1人(組)だけですよね。

でも、人気のキャバ嬢は、同時に複数の人やグループから指名されてしまうことがあります。

そんなとき、本命の女性の代わりにお客様の接客をするのが、ヘルプキャバ嬢のお仕事です。

そのほか、同伴出勤してきたキャストの女性がドレスなどに着替えている間や、遅刻などでまだお店に来ていないときにも、ヘルプがその間をつなぐこともあります。

お客様とおしゃべりをする、お酒を作る、タバコに火をつけるなど、基本的なお仕事内容は指名を受けたメインのキャストもヘルプも変わりありません。

ただ、守らなければならないヘルプならではのルールもあります。
一体どんなルールがあるのか、詳しく見ていきましょう。

新人キャバ嬢がヘルプ席につく際のルール

お仕事内容は指名を受けたキャバ嬢とさほど変わりませんが、ヘルプには超えてはならないラインがあります。

特に新人キャバ嬢が知っておきたい、ヘルプとして接客するときのルールを説明していきます。

キャバクラで働くことになったら、必ず守るようにしてくださいね。

ルール①誤解を与える距離での接客は禁止

ヘルプはあくまでも、指名を受けたメインのキャバ嬢のサポート役。

その女性が席を外しているときの“つなぎ”が主なお仕事なので、お客様とは一定の距離感を保って接客しなければいけません。

「この女の子は、俺に興味があるのかな?」とか、「俺に指名してもらいたいのかな?」と思わせてしまうような行動は慎みましょう。

誤解を与え、お客様がもしメインの女性からヘルプのキャバ嬢に乗り換えてしまったら大変です。

お客様を奪い取ったと思われてしまい、他のキャストからも冷たい視線を送られてしまうでしょう。

特に、体の距離感には要注意。
必要以上に接近するのはNGですし、お客様に触れるのはもちろん厳禁ですよ。

テーブルごとに壁で仕切られているようなお店であっても、誰がどこで見ているかわかりません。

誤解を避けるためにも、不用意に近づくのは避けましょう。

ルール②名刺・連絡先の交換は禁止

フリーのお客様以外とは、基本的に名刺や連絡先の交換も禁止です。

ヘルプで入っているときには、絶対に交換してはいけません。

これも、周囲の人に誤解されないようにするためにヘルプが守りたいルールの一つ。

連絡先の交換をするだけで、「お客様を奪おうとしている」と思われてしまうリスクが発生します。
それで働きにくくなったら嫌ですよね。

ヘルプが自分から交換をお願いするのはもちろんNG。
お客様から「名刺交換しよ」、「連絡先教えて」などとお願いされても、しっかりと断るようにしてください。

ルール③ドリンクのおねだりは禁止

指名されたキャストがいない間に、そのキャストのお客様に余計なお金を使わせてはいけません。

ヘルプにもドリンクバックがつくお店もありますが、その場合でも、ヘルプのキャバ嬢からドリンクをおねだりするのはやめておきましょう。

メインのキャストが席をはずす前などに、「この子にもドリンクお願いしていいですか?」などとお客様に対して言っていれば、きっとお客様が自らドリンクを飲むように促してくれます。

それ以外の場面でも、「何か好きなもの飲んで」と言われることがあるでしょう。

そんな時は、一旦断るのが基本。それでも頼むように言われたら、ありがたくドリンクをオーダーしてください。

ドリンクを入れてくれたお客様に対しては、必ずお礼を言うこと。
メインのキャストが席に戻ってきたら、「ドリンクをいただきました」と一声かけることも忘れないでくださいね。

ヘルプ席では”口を滑らす”ことに注意

お客様が指名しているキャストが席を外しているときに、そのキャストに関する情報をお客様に言うのはNG。
NGというよりも、完全にOUTですね。

メインの女性の成績やプライベート、裏での態度、他に指名をもらっているお客様の話など、余計なことは絶対に口にしないようにしましょう。

メイン以外のキャストの情報も、もちろん話してはいけません。
特に噂や悪口などは、絶対に言わないようにしてください。

口を滑らせると、信用を失います。
口が軽いと思われれば、お客様にも不信感を持たれてしまうし、他のキャストやスタッフからも信用されなくなってしまうでしょう。

そのお店で働きづらくなるので、この点には十分に注意して接客してください。

ヘルプの役割を忘れないように注意

ヘルプは、目立たないのが鉄則です。
お客様などに、自分をアピールしようと考えてはいけません。

あくまでも、本指名を受けているメインのキャストがいない場面でのつなぎ役でありサポート役と心得ておきましょう。

同時に、とても重要な役割であることも認識しておきたいですね。
ヘルプだからと手を抜いてしまうと、そのお客様の足がお店から遠のいてしまうリスクも出てきます。

お酒を飲みすぎてはいけませんし、テーブルの上や灰皿の片付けなども積極的に行いましょう。

会話が止まってお客さんが気を使うこともないよう、メインのキャストがいない間しっかりとつなぐことも強く意識したいところ。

こうしたことを当たり前のようにできれば、徐々にキャバ嬢としてのスキルが備わってきて、指名も増えていくはずです。

ヘルプの役割がしっかりとこなせるかどうかで、その後、稼げるキャバ嬢になれるかが決まるといっても過言ではありません。

ヘルプで入るときは、ルール違反な行動はしないよう十分注意してくださいね。

キャバクラのヘルプについてのまとめ

  • キャバクラ嬢になりたての女の子が必ず経験することになるのがヘルプです
  • ヘルプとは、本指名を受けたキャバ嬢のお客様のお相手をする重要なお仕事
  • お客様と適切な距離感を保ちながら接客するのがヘルプのルール
  • ヘルプとお客様の名刺&連絡先交換はもちろんNG
  • ドリンクのおねだり禁止もヘルプが守りたい重要な注意点の一つ
  • ヘルプがメインや他のキャストの情報などを口外するのもルール違反
  • ヘルプの役割を理解して徹底することが成長へとつながります